泥染体験、お持ち込みも受け付けております

みなさまおがみしょうらー。
暑い日が続いてマスクするのがしんどいですね。
夢おりの郷では感染症対策を行いながら体験の受付を継続しております。
染体験の染色素材としてハンカチ、Tシャツ・ショールのご用意が-ございますが、本日ご来店のお客様はそれぞれお持ち込みいただきました。
撮影許可がおりましたので久しぶりに体験のブログアップさせていただきます。

こちらが染める前(柄付けの前)の状態です。

柄付け完了!さー今から頑張って染めるぞー!

石灰水につけたり

テーチ木で染めたり、泥染め大臣の指導の下だんだん色が濃くなっていきます。

お子様も一緒にテーチ木の中でもみもみ

代表で泥田に入ったお二人、とても真剣です!
あ、指だけピースサインが、、、

少し引いてもう一枚!マスク越しでも楽しそうなのが伝わってきます。
とても賑やかで楽しく「染まれ染まれ」と呪文のように唱えておりました(笑)

柄が出る瞬間が楽しみなドキドキほどきタイム!

思い通りだったり、思い通りにいかなかったり・・・
でも失敗というのはありません。世界で一枚のオリジナル作品が出来上がりました。
ご来店ありがとうございました。洗濯をして色が薄くなったら今度は藍染もいいかもしれませんね。またのお越しをお待ち申し上げます。

捨てる予定だったお洋服、一部分が汚れてしまったお洋服も、泥染めをすることによって生まれ変わらせることができます。
本日も最後までご覧いただきありがっさまありょうた。
当日でも空きがあれば体験のご案内できますのでご遠慮なくお問い合わせください。

関連記事

  1. 【作品紹介】7マルキ白「情熱の花」

  2. 台風接近の中の染め体験

  3. 3名ではた織り体験

  4. 【作品紹介】しゃれ絣絵羽 ネコ柄

  5. 会社設立55年目に突入しました。

  6. 2019秋の養蚕

PAGE TOP