秋名バラの博多帯

みなさまおがみしょうらー。
連休もあっという間に最終日ですね。
夢おりの郷にも多くの体験のお客様にお越しいただいておりますが、アルコール消毒やマスク着用はもちろんのこと、お客様同士が重ならないよう十分に感染症対策を行ったうえでお楽しみいただければと思います。

夢おりの郷スタッフのが仕立てた着物と帯(と襦袢)が仕立て上がってまいりました。

秋名バラは昔使われていた龍郷町の秋名集落で「サンバラ」と呼ばれる竹籠からとったデザインだといわれております。龍郷柄も好きですが、古くもあり新しくも感じさせてくれるデザインが大好きです。

仮の着付でたれが長いのはご勘弁ください(笑)
色違いもご用意してございますので気になる方はご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. 新柄織り上がりました

  2. きょら砂(砂絵)体験のご紹介

  3. 着付体験

  4. 大島紬アンバサダーサイトでの作品紹介

  5. 伝統工芸士会で大臣表彰いただきました

  6. 【作品紹介】7マルキ総絣奄美カタバミ

PAGE TOP