いつか伝統工芸士に

世界に瞬く間に広がった新型コロナウイルスの終息が見えない中、経済への影響がじわりじわりと広がっております。
弊社でも4月から大島紬の技術を学びたい方を対象に大島職人講座を開講しようと計画をしておりましたが一度保留の決断をいたしました。

年々職人が減り続ける大島紬(ほとんどのきもの産地)業界ですが、後世に技術を残せるよう若い職人の採用を進めております。

彼は夢おりの郷の工場長です。今年で9年目になりますが最初はもちろん未経験でした。いまでは加工、締め、織りと様々な分野で活躍しております。

彼女は昨年9月入社の正社員です。
現在見習いで加工、織りを担当しております。
一人前になるにはまだまだですが、少しづつ覚えてもらえたらと思います。

2020.02.25南海日日新聞

本日も最後までご覧いただきありがっさまありょうた。

関連記事

  1. 芭蕉の糸取りレポ②

  2. 【作品紹介】9マルキ総絣「吉祥づくし」

  3. 着付体験

  4. 若手職人向けに勉強会を実施しております

  5. 【催しのご案内】奄美の黄金繭で織る

  6. 新しい原料に挑戦です

PAGE TOP