【催しのご案内】奄美の黄金繭で織る

3月24日(日)から26日(火)ジャパンシルクセンターにて本格大島紬展を開催いたします。

古来より行われていた奄美の養蚕。
亜熱帯の豊かな自然の中で 先人たちの美意識で 精緻を極めた絣織物へと発展してきた大島紬。
その絹糸の原点を探り、素材感豊かな染織品の創作を目指しています。
青々と茂る島桑で育てた蚕の糸をそれぞれの感性で織り上げました。
ご高覧を賜りますようご案内申し上げます。

夢おりの郷では養蚕を始めて7、8年になります。
南 祐和が3日間立たせていただきますのでお気軽にご来場下さい。

3月24日〜26日 10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館1F ジャパンシルクセンター
共催:奄美島絹推進協議会・奄美島絹振興研究会

関連記事

  1. 両面大島紬「シルクマスク」アップしました

  2. 新柄織り上がりました

  3. 【作品紹介】9マルキ総絣「きずな」

  4. 大島紬マスクがコンゴ民主共和国に届けられました

  5. NEWマスクのご紹介

  6. 【作品紹介】7マルキ総絣「ROSE」

PAGE TOP