裂織りの角帯 織り上がりました

とある方にもう着ることのできない古い大島紬をなんとかできないかとご相談をいただきまして、裂織りの角帯を製作いたしました。
私自身それまで八重山のミンサーの帯が一番結びやすくて(緩んでこなくて)好きだったのですが裂織りを結び出してからはこれが一番になりました。

タテ糸に白糸を、ヨコ糸に黒糸と裂織りの糸を使用しました。
裂き具合により糸が太かったり細かったり
耳はこんな感じで多少の糸が出たままです

糸が太くなる分、織りははかどりますが生地を裂いたり繋ぎが多くなってしまったり裂織りならではの苦労もございますが、なかなか同じものはできない味わい深い織物です。

関連記事

  1. 芭蕉の糸取りレポ①

  2. 2018年秋の養蚕

  3. 【作品紹介】7マルキ「あの人と」

  4. 大島紬職人見習い

  5. 雑誌「Veggy」に掲載されました

  6. 大島紬ラグバッグの紹介です

PAGE TOP